【2021年版】YouTubeビデオエディタTop8

動画編集

YouTube動画を作成しましょう。ここではYouTube用の動画編集とそれに役立つ機能をご紹介します。画角や編集オプションなど、動画編集を始める方にもおすすめです。是非参考にして下さい。

あなたらしい動画を制作しチャンネルのファンを増やしましょう!制作にぴったりの動画編集ツールをご紹介します。動画編集ツールといってもたくさんありますが、どんな機能があると嬉しいですか?エフェクトやタイムラプスなどを使ったり、テキストやステッカーを飾るのもいいでしょう。2020年では動画に特化した機能がたくさん出てきて益々、動画が盛り上がっています。YouTube動画を作成するためのツールをチェックしましょう。

Part 1. 最強のYouTube動画編集ツール(デザインテンプレート付き)

VidAirはプロのクリエイターにも愛用されるの動画編集ツールです。使いやすさから様々な分野で使用されています。VidAir(ヴィドエアー)の最大の魅了は「テンプレート」です。アイデアを可視化するのにぴったりな素材が集まっているので作成に悩みません。幅広いカテゴリの中からテンプレートを見つけ効率的に動画編集をするのに最適です。

URL - https://vidair.wondershare.jp/

VidAir YouTube Video Editor

主な特徴

  • 1. 低コストなオンライン動画編集ツール(HD解像度対応)
  • 2. 豊富なテンプレート
  • 3. トリム・カットなど動画編集の基本的な操作
  • 4. 鮮やかな仕上がりを可能にするエフェクト
  • 5. 素材をカスタマイズ

VidAirでYouTube動画を作成

Step 1 ログイン/テンプレート選択

Wondershare IDでログイン

Wondershare IDを持っていない方は作成しましょう。作成はとても簡単で、メールアドレスと任意のパスワードを入力するだけです。ウェブサイト上で「テンプレート」をクリックすると、様々なテンプレートを見ることができます。

VidAir Log-In

右側のパネルから選択でき、それから全てのテンプレートを見ることができます。

好きなテンプレートを見つけたら、クリックして詳細を展開。すると画角(ワイド/垂直/正方形)および解像度を選択することができます。完了後「テンプレートを使用」をクリックします。

VidAir Choose Template

Step 2 動画を編集

あなたのローカルファイルから音声/写真/ステッカー(素材)/テキスト/動画などをアップロードし編集をしていきましょう。

VidAir Editing Options

編集中は「フェードイン/フェードアウト」の動きを動画に付け加えたり、それを下のプレビュー機能でチェックすることもできます。動画や素材を調整して編集を進めましょう。

VidAir Video Editing

Step 3 プレビュー&書き出し

全ての編集が終わったら「プレビュー」で編集した動画を確認しましょう。

右上の隅に「保存」から動画を書き出しましょう。保存したデータは後から「マイプロジェクト」で確認できます。

VidAir Save Edited Video

Part 2. 他のYouTube動画編集ツール7選

1 Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proはたくさんの動画形式をサポートしており、YouTube動画をアップしている多くの方が使用しているツールの1つです。Adobeには他にも様々な編集ツールを販売しており、価格は米国で$ 19.99/月となっています。

URL - https://www.adobe.com/products/premiere.html?promoid=PQ7SQBYQ&mv=other

Adobe Premier Pro YouTube Video Editor

2 iMovie

iMovieはサービスの自由提供している、YouTube動画編集にぴったりのツールです。4K解像度、エフェクトやトランジション、音声&画像の追加もできます。動画の編集中は音声のトリミングも可能です。さらにiMovieは「ウォーターマーク」が追加されません。初心者の方でも簡単に操作できるような仕様になっています。

URL - https://www.apple.com/imovie/

iMovie YouTube Video Editor

3 Movie Maker

Movie Makerはこれまで紹介してきたツールと同様の機能を提供しています。Windowsの定番ツールでありMicrosoft Storeで利用可能で「無料ダウンロード」が可能です。細かい作業やオプションを追加する場合は随時、課金する必要もあります。

URL: https://www.microsoft.com/en-us/p/movie-maker-10-tell-your-story/9mvfq4lmz6c9?activetab=pivot:overviewtab

Movie Maker YouTube Video Editor

4 HitFilm Express

HitFilm Expressは整頓されており、とても使いやすいインターフェースに加え、カスタマイズオプションがたくさん揃っています。有料になりますが合成にぴったりのクロマキーやピクチャーインピクチャー機能など高度な編集も可能にしてくれます。さらにこまめな自動保存や、効率的なショートカットキー、音声のミキシングやバランスまで調整可能です。高度な編集をしたいという方におすすめです。

URL - https://fxhome.com/hitfilm-express

HitFilm Express YouTube Video Editor

5 Pinnacle

Pinnacleはオーディオダッキング、デュアルプレビューおよびマルチカム編集など魅力的な機能が満載のツールです。他のツールとは異なり、動画編集と同じように「DVD作成」や「画面録画」などのオプションもついているのでYouTube動画だけでなく、その動画を他に展開し、共有したいと考えている方におすすめのツールです。

URL - https://www.pinnaclesys.com/en/

Pinnacle YouTube Video Editor

6 Aiseesoft

Aiseesoftは基本的な操作に加え、上級者にも役立つ機能が搭載されています。クリップ、回転、ファイル変換と、オリジナル動画にぴったりの「透かし」機能があるので自分のチャンネルマークを固定することもできます。たくさんのトランジションやエフェクトを搭載しているので、あなたの動画の個性を更に磨いてくれます。

URL - https://www.aiseesoft.com/video-editor/

Aiseesoft YouTube Video Editor

7 Lightworks

Lightworksは4K解像度をサポートしています。プロの扱うHDおよびSDフォーマットの両方でうまく動作します。編集機能はこれまでご紹介したツールと同様、基本的な作業に向いています。ですがプロ版の価格が変更されるなど、上級者向けのものについては少し分かりづらい部分が多いです。

URL - https://www.lwks.com/

Lightworks YouTube Video Editor

Part 3. 【注意】YouTube動画の基本設定

YouTube動画編集の注意点は「フォーマット」「解像度」「画角(画面サイズ)」です。YouTubeにアップするための動画を作成するためには、下の規程サイズを目安に各項目を設定しましょう。

サポートされているファイル形式

3GPP, AVI, FLV, MP4, MOV, MPEG, MPEG, WEBM, WMV.

解像度

3840 x 2160 2160p 4k

2560 x 1440 1440p 2k

1930 x 1080 1080p フルHD解像度

1280 x 720 720p HD解像度

854 x 480 480p 一般的(規程サイズ)

640 x 360 360p 通常のウェブサイト

426 x 340 240p 動画サイズ

サイズ

YouTubeへアップ可能なファイルサイズは128GB(12時間)です。

アスペクト比

1. YouTubeにはアスペクト比がいくつかあります。ワイド(16:9)/垂直(9:16)/スクエア(4:3)/(1:1)

2. その中でもワイド(16:9)アスペクト比が一般的で、最も適しています。YouTube動画を作成するなら「ワイド」画角で動画を編集しましょう。

3. スクエア(4:3)は懐かしのブラウン管テレビサイズです。垂直(9:16)/正方形(1:1)は馴染みのあるInstagramなどSNSのアップに適したサイズです。

4. ワイド標準アスペクト比(16:9)は、自動的にユーザーのデバイスに応じて理想的なサイズに調整します。

5. 垂直(9:16)など他のアスペクト比についてはYouTubeが自動的に最適な表示サイズへ調整します。

6. 動画をアップロードする際は規程サイズに沿って作成することが基本です。それぞれのデバイスを通して見にくる人が快適に動画を楽しむために、アップ先に見合った作り方をしましょう。

まとめ

魅力的な「YouTube動画を作成したい!」と思った方は、動画編集ツールはもちろん素材も必要です。VidAir(ヴィドエアー)はそんな方々をサポートします。今回ご紹介した内容と、あなたの「アイデア」があれば簡単に作成できるでしょう。プライベートムービーをはじめ、ビジネスや学校など様々なシーンで活躍するみなさんをVidAir(ヴィドエアー)簡単「動画編集」が力になります。今すぐ、動画編集にチャレンジしましょう。

もっと見る